『聴く読むわかる!英文学の名作英場面』
2010年10月02日 (土) | 編集 |
次男の陸上記録会が終わった後、次男のリクエストで、書店に寄ることにしました。

私は、いつものように英語コーナーへ直行しました。

すると、NHKのテキストの表紙が目に留まりました。

なんと、「3ヶ月トピック英会話」 が新しいシリーズになっているではありませんか!!

私が興味のあるシリーズが、既にスタートしていたのです。

番組名は、「聴く読むわかる!英文学の名作英場面」 です。

短大時代、英文学の講義は、大好きな講義のひとつでした。

なので、テキストをパラパラめくって、そのまま、子どもの本と一緒にレジへ。

NHKのテキストへのリンクはこちらです。



初回は、私の好きなエミリー・ブロンテの 『嵐が丘』 です。

翻訳本を持っているのですが、原書は読んだことがないので、帰宅して、録画していた番組を観ることにしました。

感想は?

おもしろかったです

番組の最後には、作家ゆかりの土地も楽しめました。

物語の舞台を見て、いろいろ想像してみると楽しくなります。

なかなか海外に行くこともできませんが、映像で観るだけでも楽しめますし、いつか訪れてみたいなぁ?と夢が膨らみます。

テキストの斉藤先生のコラムもとても勉強になりました。

大切だと思う箇所は、いつものように、ピンクのマーカーで色を塗っておきました。

そして、「嵐が丘」 の原書をAmazonで探してみました。

Wuthering Heights (Penguin Classics)Wuthering Heights (Penguin Classics)
(2002/12/31)
Emily Bront醇R

商品詳細を見る


本の中身が読めるので、少し読んでみることに。

読めそうな気がしましたが、最後まで読めるかな?


◆昨日と本日の学習内容◆

1. 43から52項を読みました。

英文解釈の技術100 新装改訂版 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略)英文解釈の技術100 新装改訂版 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略)
(2009/02)
杉野 隆桑原 信淑

商品詳細を見る


いつからだったか、このようにブログに学習内容を記録しています。NHKのテレビ講座や、気分転換にちょこっとだけした学習については書いていません。


※ランキングに参加しています。
 ↓(更新の励みになりますので、クリックいただけるとうれしいです♪)
 にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
  にほんブログ村 
  

応援いただきありがとうございました