次男の涙の高校総体
2018年06月03日 (日) | 編集 |
週末は次男が高校総体に出場したので、応援に行きました。

実家の両親、私の妹も応援にかけつけてくれました。




初戦の相手が強豪校だったのですが、次男たちは勝つことを信じて戦いました。

でも、やはり初戦で砕け散りました。。。

試合後、ギャラリーで待っていたのですが、なかなか上がってきません。

下に降りてみると、次男を含めたほとんどのチームメイトが泣いていました。

長男のときも同じ総体の試合の後でした。

高校で初めて見せた涙です。

これまで子どもたちを応援してきましたが、皆、精神的にも体力的にも大きく成長したと思います。

次男には、今日の試合は人生の通過点だから、部活で経験したことを次につなげることが大切だと伝えました。



長男と次男に並んでもらって写真を撮りました。



帰りの車の中で、長男が「1日早く試合が終わったから、1日早く受験勉強のスタートを切れるね」と次男に話しているのが聞こえました。

次男を優しく励ます長男の言葉を聞いて、胸が熱くなりました。



帰宅して、試合のビデオを観て、次男もチームメイトの奮闘するプレーや自分のプレーを見て、気持ちに折り合いをつけたように見えました。

私も心が軽くなりました。

長男が9歳の頃から部活の応援が始まったのですが、次男の総体が終わったことで、12年間に及ぶ私の応援生活も幕を閉じました。

ソフトボール、野球、サッカー、バレーの送迎、お弁当作り、そして応援。

田舎で生徒数も少ないので、いろいろな競技もやらねばならず、水泳、陸上、駅伝にも出場しました。

送迎、応援、ときには保護者の役員として、本当に忙しかったけど、頑張る息子たちの姿を見て、何度、勇気と気づきをもらったことか。

息子たちがいつもパワーをくれたから、私も仕事、子育て、勉強、家事をこなしてこれたのかもしれません。



息子たちは部活を通して、数えきれないほど多くの経験をすることができました。

何よりも、これまで息子たちが大きな怪我もなく、元気に友達と部活を続けてこれたことに感謝したいと思います。

そして、ブログを始めて約9年になりますが、息子たちのことを見守ってくださった読者の皆さん、本当にありがとうございました。




お読みいただいた皆様へ 
応援クリックをいただけると更新の励みになります♪


            
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村

みい子の順位と英語を学習されているの方々のブログも見れます

応援いただきありがとうございました 。