老いをあるがままに受け止める
2013年08月17日 (土) | 編集 |
今日は、ずいぶん前に読んだ本ですが、印象に残った箇所を読書にまとめました。

精神科医が教える40歳からの人生を後悔しない習慣術 (だいわ文庫)精神科医が教える40歳からの人生を後悔しない習慣術 (だいわ文庫)
(2012/04/12)
保坂 隆

商品詳細を見る




1冊目の和書の読書ノートがもう少しで終わりそうです。

読書ノート(和書&洋書)



ノートに書き写した文の中から、1つだけ抜粋しておこうと思います。

 人生80年とも90年ともいわれる現代において、40代は折り返し地点である。まだまだ若者と同じような気持ちでいる人も多いだろう。しかし老いは着実に訪れているのだ。そのことを柔軟に受け入れられる人はまだまだ心が若い。しかし、「老いなんて関係ない!」 と頑固に突っぱねる人は、逆に心が老いている。融通がきかなくなっているのが何よりの証拠ではないか。
 老いをあるがままに受け止める。それは40代にとって大切な通過儀礼なのである。
 


本を読み返しながら、「いつの間にこんなに年になっちゃったんだろう」 とふと考えました。

まぁ、我が子が高2と中1になるまで、仕事と子育てに追われていたわけだから、「いつの間にか」 っていうのも変ですよね。

これまで、しっかり歩んできたつもりです。



ちょうど、昨夜テレビで大原麗子さんのことを取り上げた番組を見て、切なくなりました。

美しくて、あまりに有名で、老いをあるがままに受け止めることができなかったのかなぁって。



後悔のないように、毎日を楽しく過ごしたいですよね。



ところで、以前記事にしましたが、ちょっとだけ(明日の夕方くらいまで)コメント欄をオープンにしたいと思います。

何の記事でコメントをお受けしようかと悩んでいるうちに連休が終わってしまいそうなので、深い意味はありませんが、この記事にしました。

明日は、早朝から中学校の除草作業や美容院に行く予定なので、承認制にして、夜、お返事させていただきます。



いつもブログにお越しくださいましてありがとうございます。

ここ最近、応援クリックをたくさんいただいていますが、何か理由があるのかなぁと不思議に思っています。

コメント欄のオープンは、皆さんへのお礼を目的としています。

内容によっては掲載しませんので、あらかじめご了承ください。



【追記:2013年8月18日】

有言実行!コメント欄はクローズいたします。


英語ブログのランキングに参加しています!!
下記の2つのバナーをクリックいただけると更新の励みになります♪
(みい子の順位と英語を学習されているの方々のブログも見れます

                 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村


応援いただきありがとうございました 。