come to
2013年08月26日 (月) | 編集 |
今夜は、マーシャ先生が講師を務められていたラジオ英会話から phrasal verb を復習したいと思います。

マーシャ先生のPhrasal Verbs集



amazon にテキストがなかったので、1998年4月から1999年3月までのラジオ英会話のダイアローグが収録されている CD Book へのリンクを貼っておきます。

まるごとラジオ英会話 (NHK CD‐extra book)まるごとラジオ英会話 (NHK CD‐extra book)
(1999/11)
マーシャ・クラッカワー

商品詳細を見る



【学習ノートより】

「NHKラジオ 英会話」のテキスト(1998年10月号 1st Week 体にいい食事をすること)から抜粋しています。※このコラムは、CD Book 「まるごとラジオ英会話」 には、掲載されていません。

come to

トビーの I've come to change my mind about lean vegitable dishes. から動詞句の come to を取り上げます。この文の come to は 「(ある状態)に達する」 という意味で使われていて、その他にも I've come to believe that ~ 「~だと思うようになった」 とか I've come to understand how ~ 「どのように~なのか理解するようになった」 などのようにも使います。come to には 「悪くなる」 というニュアンスが含まれた使い方もあり、「(ある状態など)になる、変わる」 を表した What is this world coming to? 「この世の中はどうなってしまうんだろう」 は決まり文句です。

それでは come to を使った他の文を紹介しておきましょう。

◇Now that I'm a parent, I've come to understand how my parents felt.
 自分が親となった今では、自分の両親がどう感じていたかわかるようになりました。

◇You'll come to regret it if you marry him.
 もし彼と結婚したら、いずれ後悔することになるよ。
 


土、日は眠くて眠くて、やる気が起らなかったのですが、今日は違いました。

今日は、仕事が忙しくて、あっという間に一日が過ぎてしまいました。

休日も平日のようにバリバリやりたいのに、ついダラダラしてしまいがちです。

まぁ、そうやって、心と体を休めることができるから、また元気に仕事に行けるという話もありますが。


英語ブログのランキングに参加しています!!
下記の2つのバナーをクリックいただけると更新の励みになります♪
(みい子の順位と英語を学習されているの方々のブログも見れます

                 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村


応援いただきありがとうございました 。

スポンサーサイト