catch on
2015年03月03日 (火) | 編集 |
今日は、マーシャ先生が講師を務められていたラジオ英会話で学習した phrasal verb を復習したいと思います。

マーシャ先生のPhrasal Verbs集


amazon にテキストがなかったので、1999年4月から2000年3月までのラジオ英会話のダイアローグが収録されている CD Book へのリンクを貼っておきます。

たっぷりラジオ英会話 (NHK CD‐extra book)たっぷりラジオ英会話 (NHK CD‐extra book)
(2000/11)
マーシャ・クラッカワー

商品詳細を見る



【学習ノートより】

「NHKラジオ英会話」のテキスト(1999年9月号 5th Week ブレーンストーミングを少しする)から抜粋しています。※このコラムは、CD Book 「たっぷりラジオ英会話」 には、掲載されていません。

catch on

ト書きに出てきた catch on は 「(考えや冗談などを)理解する、分かる、見抜く」 という意味です。今週の会話では、助手が思いついた考えをジュディーはすぐ理解できませんでしたが、リーは catch on したので、Don't you see, Judy? と言っていましたね。catch だけでもこの意味で使うこともあります。

それでは catch on を使った他の文を紹介しておきましょう。

◇It took me a while to catch on to what she was saying.
 彼女の言っていたことが分かるまでには、少し時間がかかりました。

◇The students caught on to the new system before the teachres did.
 先生より早く、学生たちが新しいシステムを理解しました。



仲良しの同僚がインフルエンザで今日からお休みすることになりました。

忙しくなりそうです。

では!


お読みいただいた皆様へ 
1日1回、応援クリックをお願いいたします。


                 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村


上記の2つのバナーをクリックいただけると更新の励みになります♪
(みい子の順位と英語を学習されているの方々のブログも見れます

応援いただきありがとうございました 。

スポンサーサイト