put in
2015年03月10日 (火) | 編集 |
今日は、マーシャ先生が講師を務められていたラジオ英会話で学習した phrasal verb を復習したいと思います。

マーシャ先生のPhrasal Verbs集


amazon にテキストがなかったので、1999年4月から2000年3月までのラジオ英会話のダイアローグが収録されている CD Book へのリンクを貼っておきます。

たっぷりラジオ英会話 (NHK CD‐extra book)たっぷりラジオ英会話 (NHK CD‐extra book)
(2000/11)
マーシャ・クラッカワー

商品詳細を見る



【学習ノートより】

「NHKラジオ英会話」のテキスト(1999年10月号 1st Week ほとんどモーツァルト)から抜粋しています。※このコラムは、CD Book 「たっぷりラジオ英会話」 には、掲載されていません。

put in

put in にはいろいろな意味がありますが、You're putting our cultural calender in this hands of my baby brother? では 「(人や物を他の人の世話や管理など)に任せる、預ける」 という意味になります。つまり、ここでは、弟のジェイソンに選ぶ特権を母親が渡したことに対して、リーは猛烈に反対しているわけですね。一方、You can put your two cents in. という慣用表現で使われている put in は 「(言葉や意見など)を差し込む」 という意味です。

それでは put in を使った他の文を紹介しておきましょう。

◇I'm going to put everything in your hands while I'm gone.
 私が留守の間、全てをあなたにお任せします。

◇Can you put in a few good words for him?
 彼のことを少しほめておいて頂けませんか?



復習をしながら、この put in は、すんなり出てこないだなぁと思いました。

簡単な表現なのですが、わかることと使いこなせるかどうかは別だと実感します。



お読みいただいた皆様へ 
1日1回、応援クリックをお願いいたします。


                 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村


上記の2つのバナーをクリックいただけると更新の励みになります♪
(みい子の順位と英語を学習されているの方々のブログも見れます

応援いただきありがとうございました 。