通訳を終えて、4技能について再認識
2015年04月25日 (土) | 編集 |
今日は、次男の部活の試合の応援に行って来ました。

天気がよくて気持ちよかったので、待ち時間は、開会式の会場周辺をたくさん歩いて、春を満喫しました。




仕事の疲れのせいか、本当はしんどかったのですが、天気はいいし、子どもたちががんばった姿を見れたし、疲れも吹き飛んだ気がします。



さて、昨日は、アメリカのスタッフとのTV会議、プレゼン、部の会食、と盛りだくさんの1日でした。

今もまだきついです。(→体は嘘をつきませんね)



書いておきたいのは、もちろん通訳のことです。

依頼を受けたのが前日だったので、短時間に資料に目を通しただけですが、会議の目的と背景を理解して会議に臨みました。

10年近く前からお気に入りの、こんな本も引っ張り出して目を通したり。

場面別 会社で使う英会話―きちんとしたビジネス英会話を学びたい人向けの本 (CD book)場面別 会社で使う英会話―きちんとしたビジネス英会話を学びたい人向けの本 (CD book)
(2002/11)
味園 真紀、ペラルタ 葉子 他

商品詳細を見る



現地スタッフのアクセントが心配でしたが、ちゃんと聞きとることができ、こちら側の意見や要望も何とか伝えることができました。

とにかく、会議の目的を達成できたので、本当によかったです。

そして、再認識したのは、日ごろから英文をたくさん読んだり、聞いたりしてインプットすることが大切だということ。

それと同時に、こちらが伝えたいことを理解してもらうために、書いたり、話したりしておくことも大切ですよね。



円滑なコミュニケーションをとるめには、技能をバランスよく、伸ばす学習が必要だと思います。

英語が好きになって数年経ったころ、つまり短大時代に、教職課程でそのことを学び、幾度となくその大切さを痛感してきました。

今回も同じです。

偏った学習だけでは、コミュニケーションに必要な英語力を身につけるのは、難しい気がします。

こんなあたり前のことは、英語学習者の皆さんでしたら、よくご存知かもしれません。

でも、私の場合、つい勉強をさぼってしまうので、ドキドキの状況に置かれたあと、再認識してばかりなのです。

今年度は、まず、実践ビジネス英語をしっかり聞くことに取り組んでいますが、それを続けているだけで、「聴く・読む・書く・話す」 のすべての学習が疎かになっています。

テストのためだけに勉強するのではなく、バランスよく学習することに重きを置いてきた、“昭和な” 学習者だったはずなのに。。。



何とかせねば!



お読みいただいた皆様へ 
1日1回、応援クリックをお願いいたします。


                 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村


上記の2つのバナーをクリックいただけると更新の励みになります♪
(みい子の順位と英語を学習されているの方々のブログも見れます

応援いただきありがとうございました 。