アメリカ人の留守電を聞いて思うこと
2015年05月13日 (水) | 編集 |
いつものように早めに出社していると、職場の同僚が私のデスクにやってきました。

「アメリカのオフィスに電話してみたら自動音声になってて、聞きとれないんですよ。三毛猫さん、ちょっと聞いてもらえませんか?」


(えーーーっ!! ) 

と、心のなかで叫びつつ、同僚が困っていたので、電話をすることに。



早速、電話をしてみると、英語が早いこと。。。

それに、いきなり声が流れて、間が全くないのです。

時差の関係で、現地の時間は、金曜日の夕方6時を回っていました。


とっとと帰宅したせいで、留守電?

などと、余計なことを考えていたら、not available という声が。

声に集中しようと、もう一度かけてみると、leave a message も聞きとれました。


(よかった、よかった。。。

と、胸をなでおろしました。

そして思ったのです。

日本人で英語を学習している人の何割くらいの人が、あれくらいのスピードの英語を聞きとれるまで学習を継続できるのだろうかと。

海外で生活したことがあれば何でもないことかもしれませんが、私のように国内でコツコツ学習を続けている人だったら?

やっぱり少数派なのかな。。。

ネイティブのスピードについていけないと思うことがよくあるので、気になってしまいました。



さて、これから出勤の準備です。

昨日も無事に(笑いが巻き起こったけど)会議でミニプレゼンができたので、今日は、一段落して気分よく仕事ができそうです。

車の中では、もちろんこれを流します!





お読みいただいた皆様へ 
1日1回、応援クリックをお願いいたします。


                 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村


上記の2つのバナーをクリックいただけると更新の励みになります♪
(みい子の順位と英語を学習されているの方々のブログも見れます

応援いただきありがとうございました 。

スポンサーサイト