two-way street
2015年06月25日 (木) | 編集 |
昨夜は、夫がカレーを作ってくれました。



じゃがいもは、温泉で仲良くしている方にいただいたものです。

息子たちが保育園時代に給食を作ってくださって、退職後は、学童保育の先生としてお世話になったのですが、私のこともかわいがってくれます。

ありがたいです。



今日も、実践ビジネス英語の復習をします。

【学習ノートより】

Lesson 6 Conscious Listening (1) に出てきた表現です。


ヘザーさんが番組で補足された英文はこちらです。

・Love is a two-way street.

・Job interviews are a two-way street.


two way street  双方向的なもの、互恵的関係


この表現を見て、映画のあるシーンを思い出しました。

皆さんは、"Working Girl" をご存知ですか?

20年以上も前の映画なので、ご存知ないかもしれません。



ニューヨークの証券会社に勤める秘書のテスが、学歴はないけれど、努力して重役に抜擢されるというサクセスストーリーです。

テスの部署に配属された女性の上司キャサリンが、テスに言ったセリフはこちらです。

"I want your input, Tess. I welcome your ideas, and I like to see hard work rewarded. It's a two-way street on my team."

あなたの意見を出して、テス。アイデアは歓迎します。いい仕事は報いるつもりよ。私達の仕事は持ちつ持たれつ成り立つのよ。分かっていただけました?


このシーンはかっこいいな、と思ったからか、鮮明に記憶に残っています。

その後、テスは言葉どおりに行動するのですが、驚くような展開が待っています。。。

興味がある方は、こちらをどうぞ。



大好きな映画なので、私も持っています。



映画の英語のセリフと訳はこちらを引っ張り出して、引用しました。





さて、今日も、こちらを聴きながら、出勤します



あと2日がんばろう!



お読みいただいた皆様へ 
1日1回、応援クリックをお願いいたします。


                 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村


上記の2つのバナーをクリックいただけると更新の励みになります♪
(みい子の順位と英語を学習されているの方々のブログも見れます

応援いただきありがとうございました 。

スポンサーサイト