私の発音は強調しすぎ?
2015年08月21日 (金) | 編集 |
実践ビジネス英語 Lesson 10 (1) Recovering Job Market を聴いていたら、いろいろな気づきがありました。

今日はその中から1点だけ、メモしておきたいと思います。

気になったのは、products の発音です。

実際は、気になったというより、この単語を耳にするたびに、「そうだった!」 と思います。

ヘザーさんと私では、最後の 「ツ」 発音の仕方に差があります。

私の場合、はっきり 「ツ」 と発音するのですが、ヘザーさんは、「ス」 に近い感じで発音されるので、違いを感じてしまうのです。



英語を話す人には様々なアクセントがあるので、小さなことを気にしすぎだと思われるかもしれません。

でも、私はすごく気にします。

昔、カナダ人に、私と私の英語教室の生徒の wood の w の発音が上手だと褒められたことがあります。



日本人でこの w が発音できている人はほとんどいないので、とても驚かれたそうです。

もちろん、発音にこだわっているからと言ってネイティブみたいになれるとは全く思っていませんが、英語が好きなので、英語を母国語とする人の発音も含めて好きなのかもしれません。

今朝は、今からキッチンに立って料理しながら、products の発音を練習します。



そうそう、発売当初から使ってみたいと思っていたkindleが届きました!



ふごくいい感じですよ。

時間がないので、詳細については後日ご紹介したいと思います。



お読みいただいた皆様へ 
1日1回、応援クリックをお願いいたします。


                 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村


上記の2つのバナーをクリックいただけると更新の励みになります♪
(みい子の順位と英語を学習されているの方々のブログも見れます

応援いただきありがとうございました 。

スポンサーサイト