「序文、本論、結論」苦手だった・・・
2015年10月12日 (月) | 編集 |
昨日、大学1年生の長男と同じテーブルで英語勉をしたときのことです。

洋書のテキストを読みながら、長男が問題がわからず悩んでいる様子でした。

ヒントをあげようかと、テキストをのぞいてみました。





書かれていることがよくわからず、ネイティブの先生が英語で説明した内容も理解できなかったようです。

テキストを読むと、Introduction, Body, Conclusion のように、英語学習者にはお馴染みの3ワードが並んでいました。



工学部でも、洋書のテキストを使うんですね。

私が英語の文章の構成について学習したのも、短大1年のときに受けたネイティブの講師の授業だったなぁ・・・なんて思い出しながら、本棚から英検1級の教本に手を伸ばしました。



amazonを見たら、私のは2005年版で、2010年に新しい教本が出ていますね!



「Intoroduction, Body, Conclusion のことを日本語で説明している本があるよ」 と、教本の該当するページを開いて長男に見せることに。





すると、自分の部屋に勉強しに行こうとしていた次男が、「それがすぐに出てくるのがすごいよね!」 と褒めてくれました。

ときどき、私のことを感嘆の表情で褒めてくれるときがあります。

私が何かやらかしたときも、間髪を入れず突っ込んできますが(笑)



話を戻しますが、序文、本文、結論について書かれたページを読んだあと、簡単に説明も加えました。

でもでも、

いざ、長男の課題で、序文、本文、結論を組み立てようとしても、なかなかうまくいかないのです。。。

もともと、英作文が苦手だということもありますが、勘も力もすっかり鈍った感じがしてショックでした。

過去3回、英検1級を受験しましたが、英作文では、10点台しかとったことがありません。

28点中16点前後だったと記憶しています。

短大の頃は宿題で英作文を書くことがあったのですが、たっぷり時間をかけて仕上げられたので、英作文はそんなに嫌いではありませんでした。

でも、英検1級の試験では短時間で仕上げなければならないので、大の苦手で大嫌いです。



最近、語彙力を増やそうと思って学習を開始したのですが、英作文という大きな壁が立ちはだかっていることを思い出したのでした。。。



お読みいただいた皆様へ 
1日1回、応援クリックをお願いいたします。


                  
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村


上記の2つのバナーをクリックいただけると更新の励みになります♪
(みい子の順位と英語を学習されているの方々のブログも見れます

応援いただきありがとうございました 。

スポンサーサイト