put off
2016年12月08日 (木) | 編集 |
今日は、マーシャ先生が講師を務められていたラジオ英会話で学習した phrasal verb を復習したいと思います。

マーシャ先生のPhrasal Verbs集


amazon にテキストがなかったので、1999年4月から2000年3月までのラジオ英会話のダイアローグが収録されている CD Book へのリンクを貼っておきます。





【学習ノートより】

「NHKラジオ英会話」のテキスト(2000年2月号 1st Week 終夜営業のコピー屋さん)から抜粋しています。※CD Book 「たっぷりラジオ英会話」 には、このコラムは掲載されていません。

put off

Havent't we all been told not to put off our assignments till the last minute? で使われていた put off は「(することを)延期する、延ばす」 という意味です。Never put off till tomorrow what you can do today?.「今日できることを明日に延ばすな」 という諺のように、put off の後には 「いついつまで」 のtill/to/until がよく用いられることに注意しましょう。

それでは put off を使った他の文を紹介しておきましょう。

◇I'm afraid you'll have to put off your ski trip until next season.
 残念ですが、あなたは来シーズンまでスキー旅行は延期しなければなりませんね。

◇If the tournament hadn't been put off to avoid the rainstorm, she would have had a chance to win.
 もし暴風雨を避けるためにトーナメントが延期されなかったらならば、彼女が勝つ可能性があったかもしれません。




さて、そろそろ出勤の時間です

今日も車がカチカチに凍ってるかも。。。

早めにエンジンかけてこようっと!



お読みいただいた皆様へ 
1日1回、応援クリックをお願いいたします。


            

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村


上記の2つのバナーをクリックいただけると更新の励みになります♪
みい子の順位と英語を学習されているの方々のブログも見れます

応援いただきありがとうございました 。

スポンサーサイト