7年前に出会った 『技術英文の正しい書き方』
2010年08月20日 (金) | 編集 |
いつもは寝ている時間ですが、目が冴えているので、ブログを更新しています。

PBを読んでいたら、技術英語でよく使う単語が続けて2個出てきたので、まだ記事にしていないお気に入りの本のことを思い出しました。(←PBに集中しましょう!)

技術英文の正しい書き方技術英文の正しい書き方
(2003/07)
佐藤 洋一

商品詳細を見る


この本は、ブログ開設当初、 「私の本棚より」 で紹介していましたが、記事にするのは今回が初めてです。

ほとんどと言っていいほど、最新のものじゃない本のことばかり記事にしてすみません。

でも、私が持っている本のほとんどは、ブログ開設以前に購入したものなので。。。

本題に入りますが、以前勤めていた会社で働き始めた後、会社で使う英語力をもっとアップさせたいと思っていたとき、この本の存在を知りました。

発売された直後にこの本を購入したのですが、目を通したときの感想は・・・


「こんな本を探していた?!!」(←まんまです。。。)

この本は、2編で構成されています。

まず、? 基礎編では、技術英文ライティングの基本や、ライティングが上達するコツについて書かれています。

わかりやすく丁寧に説明されているので、まさに 「目からウロコ」でした。

特に、「対応表現」 という考え方という項目を読んで、「そうだったのか?!!」と納得しました。

私は翻訳された英語ではなく、ネイティブがネイティブ向けに書いた文書を目にする機会がありました。


この本を読むまでは、ネイティブの文書から見つけた表現などを拾って、ノートに書き溜めていました。


ちなみに、このときはまだ検索できるようなデータベースは作っていませんでしたが、後に出版された著者の別の本を購入後、エクセルでデータベースを作成することにしました。


次に、?応用実践編では、技術英文ライティングの60のコツを学べます。

ちょっと簡単ですが、「以上・以下」 に関する表現から、 「境界を表す表現」 をクイズ形式で(?)ご紹介します。


「24時間以上」を英語にすると・・・




24 hours or more


正解です!




「24時間以下」は?




24 hours or less


そうです!


では、「24時間を越えて」は?



more than 24 hours


ピンポーン!


最後に、「24時間未満」 は?




less than 24 hours


全問正解です!!

もっと難しいほうがよかったかな。。。


最後になりますが、この本の 「本書の利用法」 の中で挙げられた対象読者を抜粋しておきます。

本書は、理工系の学生、海外とやりとりする必要のある技術系のビジネスマンや技術者、英語論文を書く必要のある研究者、技術系の翻訳者など、技術英文を書く必要に迫られているあらゆる人を対象にしています。

以前、私はアシスタント兼なんちゃてときどき社内翻訳者でした。あらゆる人向けだからいいのかな?

この本にはずいぶんお世話になりましたし、勉強しておいてよかったぁと何度も思いました。

以前の職場で、デスクの引き出しに入れていた本ですが、もちろん現在は新しい職場に置いています♪

現在の私も、アシスタント (一応、名刺も持っています)兼なんちゃって社内翻訳者という感じなのかなぁ。。。


※ランキングに参加しています。
 ↓(更新の励みになりますので、クリックいただけるとうれしいです♪)
 にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
  にほんブログ村 
  

応援いただきありがとうございました


コメント
この記事へのコメント
すごい肩書きですねぇ!
いつも楽しい・・・だけでなく役に立つ記事を
ありがとうございます。

『担当兼なんちゃってときどき社内翻訳者』
って、すごい肩書きですね。

『なんちゃってときどき社内翻訳者』手当って
もらえないんですよね?
2010/08/21(Sat) 19:33 | URL  | KIYO #-[ 編集]
KIYOさん♪
KIYOさん、こんばんは(*^_^*)

私はいつもあまり役に立たない記事しか書いていないような。。。

> 『担当兼なんちゃってときどき社内翻訳者』
> って、すごい肩書きですね。

自分がやっている仕事から勝手に作った肩書きです(*^_^*)私なんかに肩書きなんてありませんよ~。

> 『なんちゃってときどき社内翻訳者』手当って
> もらえないんですよね?

少しいただけるようですが、やっと使用人期間が終わったので、秋になって給与明細を見るまでよくわかりません。ちなみに現在の基本給は、20代前半でいただいていた行員時代の給与よりも少ないです(^^;)こんなことを考えても仕方ないですが、現在の会社の給与は行員として働いていた場合の給与の半分くらいの年収になるのでないかと思います。でも、田舎のことしか知りませんが、私の年齢で再就職する場合、国家資格や、特別なスキルがないと、一般的にはパートタイマーという選択肢のほうが多いと思いますので、いただいた分で十分だと思っています(*^_^*)

社内翻訳者と言ってもいろいろあると思います。カタログは外注しているので、海外とのやりとりのメールを訳したり、パワーポイントなどの資料を英訳する程度です。

p.s.記事の英語にスペルミスを見つけました。。。職場では必ずスペルチェックしていますので、心配なさいませんように(^^;)
2010/08/21(Sat) 20:19 | URL  | 三毛猫みい子 #yVrFVt2M[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可