アンティークテーブルをリペア?
2018年04月14日 (土) | 編集 |
今年2月、英国のアンティークテーブルを購入して、2ヶ月経ちました。

ブログで記事にしたように、ワックスや蜜蝋を塗って磨きました。




仕事から帰って、ゴソゴソと磨くのですが、木が味わい深くなるので、楽しいのです(*˘︶˘*).。.:*♡



そして、リペアというと大げさですが、テーブルにさらに手を加えてみることにしました。

ドローリーフテーブルは、外側の2枚の板を内側の下に入れ込んで半分のサイズにすることもできます。

その際、傷ができないようにフェルトが貼ってあるようですが、使用するうちに劣化します。

なので、フェルトを張り替えてみました。



テーブルをひっくり返してみると、元のフェルトの状態はこんな感じでした。





このフェルトは綺麗なので残しておいて、ボロボロになっている5箇所のフェルトを張り替えることにしました。





ちょっとボンドが白く見えていますが、見えない部分なので、よしとしました(*´罒`*)ニヒヒ♡





ついでに、足とテーブルを固定するネジを見つけたので、4箇所すべて締めてみました。






テーブルの裏には、BRITISH MADE という刻印があります。










1940年代くらいに作られたテーブルらしいのですが、どんな方が使っていたのかな、と想像が膨らみます。






お読みいただいた皆様へ 
応援クリックをいただけると更新の励みになります♪


            
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村

みい子の順位と英語を学習されているの方々のブログも見れます

応援いただきありがとうございました