「流れるようにわかる統計学」読み進めています♪
2018年10月14日 (日) | 編集 |
今年、QC検定2級に2回チャレンジしたものの、見事に不合格でした。

参考書を読んだり問題を解いたりしても、文系の私には理解できないことがありすぎて、合格レベルにはなかなか到達しません。

理解が浅いまま受験したので、当然の結果です。。。

一生合格できないかも?



去年の12月に勉強を開始してから、英検1級に3回失敗したときよりも、もっと強い不安に何度も押しつぶされそうになりました。

そんな私ですが、書店で手にとった参考書があります。




最近、身近なケースで統計学と結びついたのは、乳がん検診の再検査を受けたときです。

自治体や職場の乳がん検診で、再検査になった人で実際に乳がんにかかっている人の確率は何パーセントなのだろうか?



再検査の通知を受けとったとき、頭の中でそんなことを考えました。

この本は、説明がわかりやすいので、頭にスッーっと入ってきますが、実際に、QC検定で問題が解けるかというと、私の場合は厳しいと思います。

とにかく、覚えては忘れる毎日ですので( ´△`)アァ-

でも、実生活との接点から見ると、楽しみながら統計学への理解が深められるので、お勧めの一冊です。



お読みいただいた皆様へ 
応援クリックをいただけると更新の励みになります♪


            
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村

みい子の順位と英語を学習されているの方々のブログも見れます

応援いただきありがとうございました 。