「子供が育つ魔法の言葉」を子育ての参考に♪
2019年05月06日 (月) | 編集 |
拍手コメントをくださったeさん

こんばんは。

とってもとっても温かい拍手コメントをお寄せくださってありがとうございました。

丁寧に読ませていただきました。

3人のお子さんを育てていらっしゃるなんて、本当に尊敬します!

お洗濯も大変そう。。。



子育てのエピソードは確かにいろいろありました。

でも、ブログを始めて数年間は、英語のことをメインで記事にしていたので、書いていないエピソードがたくさんあるかもしれません。

自分の子育てを振り返るのもいいですね。

私がこだわっていたことなど。

よくよく考えると、押しつけがましいのが苦手なので、記事にしなかったとも言えますが。



連休は読書に夢中になって、ブログの更新が疎かになっていましたが、eさんのおかげで、なんだかミッションを受けた気がして、テンションが上がってきました!

ても、子供を育てていると何が正しくて何が正しくないのかわからなくなるときがありますよね。

例えば、嘘をついてはいけないと教えたくても、実際は嘘をつかなければならない場合もあるわけで。。。

なので、一生懸命に子育てしても、結局は結果論になるのでしょうか。

うちの息子たちもこれからどうなるのかわかりませんし、大きなことは言えません。



ただ、子育てに奮闘していたときは余裕がなくて気づかなかったのですが、後になって振り返ると、多くの方々に育ててもらったおかげで現在の息子たちがあると感謝しています。

ここが田舎なので、子育てしやすい環境だということも大いに関係すると思います。



さて、今夜は子育てで役に立った本をアップしておきますね。

eさんは読書はお好きですか?

先日、義父の家に預けている本を整理していて、再読したいものをたまたま持って帰っていたので、ご紹介することを思いつきました。

メジャーな本ですので、ご存知かもしれません。




私は児童英語講師をしていたこともあって、教育に関する本を読んで(←たくさんではないけど)、共感したり、納得したことは子育てに取り入れるようにしました。

もちろん、すべてを鵜呑みにするのではなく、違うと思うことは実践しなかったり、自分ができそうにないところはスルーしたり(笑)

そうして、自分の信念というか、自分流の子育てができていったのでしょうね。



本書は子どもの目線に立って、子育てするヒントや気付きがたくさんあります。

良書だと思いますので、お勧めです。

子育て中、私の母が私によくアドバイスしてくれたことと同じことがたくさん書かれているのも、お勧めポイントのひとつです。

では、今日はこの辺で。




お読みいただいた皆様へ 
応援クリックをいただけると更新の励みになります♪


            
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村

みい子の順位と英語を学習されているの方々のブログも見れます

応援いただきありがとうございました 。