フランスのアンティークなソーイングボックス
2021年02月26日 (金) | 編集 |
2回目の在宅勤務が今日で終わります。

在宅勤務の間に、たくさんの買い物をしました。



スイス製のオルゴール、フランスのアンティークレース、雑貨などなど(スイス製のオルゴールはまたの機会に記事にしますね)。





そして、3年前くらいから欲しいと思っていたものをついにゲットしました!





フランスの1960年代のソーインングボックスです。



時間がないので、購入したときの画像をお借りして。





このタイプのソーイングボックスは、欲しくてもオークションではいつも3万円くらいになるので、途中で諦めて別のことをしていました。

そしたら、30分くらいして繰り上げ落札とやらで、落札のお知らせメールが飛んできたのです。



驚いて出品者に確認したところ、評価の悪い人などが落札した場合、キャンセルをするようにしているとか。

その方が書かれている長い説明書きに、確かにそのような説明書きをされていました。

とにかく、相場の約半額で購入できたので、とてもうれしいです☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆



嫁入り道具だったかどうかは忘れましたが、今までは母がくれたソーイングボックスを使っていました。





救急箱だろう?

という突っ込みがあるかもしれませんが(笑)、小さくて全ての糸が入れきれなかったので、ゲットできたソーイングボックスを蜜蝋で磨いたら、中身を移したいと思います。

救急箱は夫が職場でもらった大きなプラスチックのものを使っています。



この救急箱は25年以上もの間、頑張ってくれましたが、現在、小さな箱によく使うお薬を入れているので、こちらに移そうかと思案中です。





お読みいただいた皆様へ 
1日1回、応援クリックをお願いいたします。


            

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村


上記の2つのバナーをクリックいただけると更新の励みになります♪
みい子の順位と英語を学習されているの方々のブログも見れます

応援いただきありがとうございました