数学のセンスは生まれつき?
2011年08月22日 (月) | 編集 |
今朝、60-Second Mind のスクリプトを読んで、いろいろ考えたので、ブログに書いておこうと思います。

Ability for Mathematics May Be Inborn

数学のセンスのセンスは生まれつき備わっているものではないかと私が感じ始めたのは、理系の人たちの中で働き始めたときでした。

それまでは、そういうことを考える機会がなかったのですが、たくさんの人に囲まれてると、自然と考えてしまうようになりました。

もちろん、いつも 「~系」 と決めつけるつもりはないのですが。


職場の話ではないのですが、長男が小学生のころの、1学年上の子とのエピソードを思い出しました。

その子は、3年の夏まで塾に通っていなかったのですが、理数系が得意な子で、話しているとその頭の良さが伝わってきます。

性格がいいので、私もその子が好きで、長男ともとても気が合うようでした。


ある日、一緒に登校していて、いつものように近所で食堂を営むおじちゃんのお店を通りました。

うちもその子の家庭もよく食事をするお店で、おじちゃんとも仲良しです。

その日は、お店の入り口に 「臨時休業」 と張り紙が貼ってあったので、学校から帰った長男は、「おじちゃん、入院したのかな~?大丈夫かな~?」 と私に話してくれました。


長男の話では、その張り紙を見たとき、そのお友達が発した言葉は、、、









「臨の字が間違っている。臨という字は・・・」





と、正しい漢字を長男に説明してくれたというのです。

数年前の出来事なので、何がどう間違っていたのかは忘れてしまいましたが。


長男には、「おじちゃんは、慌てて書いたからきっと間違えちゃったんだよ」 と話しておきました。


このエピソードで、私が感じていることが伝わったのではないでしょうか?

職場でも、理系の人たちの楽しいエピソードがたくさんあるのですが、ブログに書けないのが本当残念です。


ところで、外国語を習得するセンスはどうでしょう?

私の場合、センスがないので、いつまでも英語を学習しているのかもしれません。。。


◆本日の学習内容◆

・ 攻略!英語リスニング 8/21(日) 放送分を聞きました。

・ 60-Second Mind のスクリプトを1本読みました。

・ 場面別 会社で使う英会話 を聞きました。

場面別 会社で使う英会話―きちんとしたビジネス英会話を学びたい人向けの本 (CD book)場面別 会社で使う英会話―きちんとしたビジネス英会話を学びたい人向けの本 (CD book)
(2002/11)
味園 真紀、ペラルタ 葉子 他

商品詳細を見る


洗い物をしながらでしたが。


ランキングに参加しています!!
1日1回クリックいただけると更新の励みになります♪ 
 
          
              
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ 

みい子の順位と英語を学習されているの方々のブログが見れます  

応援いただきありがとうございました

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可